【制度設計】正社員とフリーランスの中間とは?地域の働き方をアップデートする「複業社員制度」を創設したい!
小林 紘大さん
株式会社新潟家守舎 代表取締役
新潟市中央区
自己紹介/仕事で大事にしていること
1987年新潟市西区生まれ。新潟大学工学部建設学科卒。新潟市の工務店にて住宅設計の仕事をしながらグリーンホームズ新潟への入居を機にコミュニティーマネージャー活動を開始。新潟市北区松浜にて松浜Rプロジェクトの一環でシェアキッチンCROSS HABORがオープン。2019.2よりコウダイ企画室。として独立。新潟県内でリノベーションまちづくりにも積極的に取り組んでいる。2020.11に遊休不動産活用をテーマとした株式会社新潟家守舎を設立。
「楽しい暮らしは自分でつくる」をモットーに、場づくりに関して建築というハードと、暮らしのコンテンツというソフト、両面から手がけています。
プロジェクトの詳細とゴール
弊社は私と正社員1名を中心に、フリーランスやインターンをはじめ様々な方と協働し「じぶんのまちを、じぶんのことに。」をキーワードに5つの事業を展開しています。
沢山のパートナーの方々に支援をいただいている一方で、組織内では私がプレイングマネージャーとして稼働を続けないと回らないような業務の属人化に繋がっています。この状況を脱却するため事業運営と組織体制を見直し、先々を見据え各事業を自律的に経営していく組織をめざす転換期を迎えています。
今回は本プロジェクトを通じて、正社員とフリーランスの中間となるような全く新しい働き方「複業社員制度」の構築をめざします。正社員としてのやりがいや安定的な雇用を保ちながらも、フリーランスのようにパラレルに他組織で活躍しその経験を自社にも活かすといった柔軟な働き方を両立した、新しい組織の形を模索していきたいと思います。
3か月のゴールは複業社員第1号を採用すること。その後は制度を足掛かりにさらなる新規事業の展開も視野に入れています。ぜひ新潟初となる新時代の複業社員制度を一緒に創り上げていきましょう!
対象
定員1名
・officeソフトやチャットツールが使える方
・話したことを図や表にしてまとめることが出来る方
・インタビューなど人の話を聴くのが好きな方
・SNSでの情報発信ができる方
・過去に副業兼業経験がある方だと望ましい ※必須ではありません
活動条件
【活動頻度・時間】
週2~3h、月1回のプロジェクトミーティングへの参加(90分) 他、必要に応じてオンラインミーティングを実施します

【リモート対応】
定例ミーティングはリモートOK。必要に応じて自社イベントへの参加やパートナーへのヒアリングを行ってもらうことがあります

【持ち物】
ノートPC、スマートフォン

【活動補助】
交通費全額支給。プロジェクトに必要な経費は当社で負担します。
期間中は「Work With本町オフィス」が利用可(代表の本棚の書籍も自由に読めます!)
当社名刺を支給、社会人の方には報酬も支給できます(応相談)
ベンチャーバディへのメッセージ
コーディネーターより一言
フリーランス、インターン、プロボノメンバーなど常時30人の方と協働し、40~50のプロジェクトを同時並行で手掛けているという小林さん。その驚異的な働き方はもちろん、小林さんの沢山の人を巻き込む仕事の仕方やインタビューで出会う方たちのお話はバディにとって大きな刺激となるはず。今回の複業社員制度は自身の経験を基に、制度に人を合わせるのではなく、一人ひとりのライフスタイルとキャリアに合わせた働き方を叶えられるような制度の構築をめざします。簡単ではありませんが、実現したら他の企業にも影響を与えられるようなものになるかもしれません!(山本)

プロジェクトオーナーの基本情報

​会社名
株式会社新潟家守舎
​業種
建築業
​事業・
サービス内容
工務店の企画支援業、建築プロデュース、エリアマネジメント、メディア制作、動画配信
​所在地〒951-8067 新潟市中央区本町通7-1098-1 WorkWith 本町 B-3
​WEBhttps://niigata-yamorisha.com/